道化鴉

日々生き方を模索しているオタクコスプレイヤー、アラサー♀のお仕事・動物・心理学に関するブログです。(認定心理士取得予定)

日々断捨離続行中・捨てたものメモ(ズボンとブーツ)

こんばんは、三日月(@trickwolves)です。


本日も断捨離関係の記事です。

1つ物を買ったら1つ物を捨てる生活をしたい

私は転職の関係で1年前に引っ越しをしたのですが、その際手伝ってくれた友人に「えっ嘘これだけしか荷物ないの…少なくない!?」と言われました。引っ越しを機にダウンサイジングをしたにはしたのですが、自覚はないながら元々物は多くないようです。それでも自分的にはまだ物が多いのですけれども。


www.crescentwolf.work
引っ越しの時のお話しもよろしければ。


今住んでいる部屋は7畳の1K、収納は押入れ1つのみというとてもコンパクトな部屋です。家賃と場所を重視して選んだのですが、今となってはコンパクトな部屋を選んで良かったと割と真剣に思っています。


何故なら物を増やせないから。そして空間を有効利用する手段を考えざるを得ないがために収納術が身につくから…というのが理由です。片付けられない人には収納を物理的に減らす手段を割と本気でおすすめしたい。


収納が少ないこともありますが、物が減ってくると堂宇時に段々精神的に散らかることが減り、気持ちが落ち着いている日が多くなってきたように感じます。自分のためにも1つ買ったら1つ物を捨ててこれ以上ものを増やさない生活を目指したいです。


そしてここ数か月単位で断捨離を続行している中でここ数日で2つ思い入れのあるものを捨てましたので、記事にしておきます。


捨てたもの① まだ着られるけど穴が開いた寝巻のズボン

私は以前よりユニクロの部屋着が好きで愛用しているのですが、そのうちの1つが膝や太もも部分に穴が開いてしまっていました。それでも部屋着兼寝巻であって別に外で着るものではないし、デザインや肌触りが気に入っていたのでしばらくそのまま使っていました。


ですが私も一応生物学上女ですしこれでは干物女になってしまうという懸念と部屋着の状態も自分のテンションやコンディションに関わるのではないか…?という思いが募り、思い切って捨てることにしました。


実際そのズボンをゴミ袋に入れてみるとそれほど未練もなく、湧いてきたのは「今までお疲れ様、そしてありがとう」という気持ちでした。ユニクロの部屋着はそれほど高いものではないですし、こういうところはケチケチせずにキレイなものを身につけるように心がけようと思いました。そもそも部屋着寝巻を穴があくまで着た地点でズボン的にも満足だったのではないでしょうか。たぶん。

捨てたもの② YOSUKE(ヨースケ)の厚底ブーツ

私は元よりゴスロリと呼ばれるファッションや柄に柄を重ねるような派手めファッションが好きでして、それに合わせてゴテゴテのブーツをよく履いていました。ゴスロリはもう卒業してしまいましたが、今はお休み中のPUTUMAYO(プトマヨ)のお洋服が大好きでした。現在はスカラーの服を愛用しています。


身長が低いので厚底ブーツが自分的マストアイテムなのですが、靴のブランドで言えばヨースケの靴がとても好きです。他にはあまりないゴテゴテのデザインと10cmくらいの厚底を通常ラインナップで販売してくれているので低身長マンにはとても有難いのです。しかもマルイやらイオンモールやらで良く販売されているので入手しやすいのもまた◎です。


そんなヨースケのブーツで10cmの厚底で編み上げ、真っ黒だけど中は真っ赤のブーツを持っていて非常によく履いていました。恐らく5年くらい夏も冬も季節問わずずっと履いていまして、本当に愛用していると胸を張って言えるくらい履いていました。


そんなブーツが先日ついに寿命を迎えてしまいました。合皮製だったので合皮の部分がボロボロに剥がれてしまいどうにもこうにも修理も出来ないような状態になってしまいました…悲しい。とても気に入っていて本当に愛用していたので泣く泣くですが、捨てることになってしまいました。今までずっと私の身長を盛ってくれてありがとう、どんな格好にも合うしコスプレの時も使いやすいしで本当に重宝するブーツでした。


また同じくらい気に入るブーツと出会えれば良いなと思いつつ、感謝の気持ちを添えてお別れしました。

物1つ1つに向き合えるくらい物を減らしたい

今回捨てたもの2つは捨てるのに躊躇を覚えるくらい愛着があるものたちでした。捨てた直後もこれからもふとした拍子に思い出すような、それほどの思い入れがありました。


ここ数か月断捨離を続けているとはいえ、まだ部屋には処分できそうなものが溢れかえっています。せっかくなのでこの機会に手持ちのものを1つ1つ吟味して愛着を持って持ち続けられるものだけに減らしていきたいな、と思います。時間がかかりそうですが少しずつゆっくりと進めていこうと思います。