管理人について
仕事について

臨時職員の動物園飼育員を辞めました

三日月(@trickwolves)です。

10月31日をもって1年勤務した地方の動物園を退職しました。4月に転職活動をスタートするという記事を書きその後転職活動を続けていましたが、転職せずに一度自分で仕事をやってみることにしました。

官製ワーキングプアはもうこりごり、転職活動をスタートします宣言!こんばんは、三日月(@trickwolves)です。 いっそなんだかすっきりと振り切れたので転職活動スタート宣言をここに立てます。...


お金がなければ人間は何もできない

動物園の飼育員は中学生の時からずっと夢に見ていた職でした。飼育員になりたいがために東京農業大学へ進学し、養豚業へ就きました。ずっと動物と一緒に生きていきたいと思っていました。

それでも現実は厳しく25歳くらいの時に完全に諦めたつもりだったのですが、うっかり30を超えてから夢を叶えることが出来ました。

そして私はそんな夢にまで見た舞台を1年でおりました。

1番の理由はあまりにお給料が安いから。2番目の理由はその待遇を考えると人間関係が微妙だから。

生きていくためにはきれいごとなんて言っていられませんよね、私がこの1年で最も身に染みたのは現実はお金>>>(超えられない壁)>>>夢という現実です。

だって人間はお金がなければご飯が食べられません、服が着られません、家を借りられません、水道電気が使えません、スマホを持てません、趣味を持てません、行きたいところに行けません、会いたい人に会えません、恋人を作って結婚することも出来ません。

この1年で少子高齢化も晩婚もおひとり様が増えているのも何もかも、若者がお金を持っていないからなんだということが良くわかりました。お金がないと心に余裕も持てません。

臨時職員という立場の動物園飼育員の給料明細を公開します

とある市の臨時職員という立場での動物園職員の給料明細はこちらです。

 

f:id:crescentwolf:20181106115357j:plain

月に21日勤務、1日フルタイムで7時間45分勤務でこのお給料です。

しかも時間外手当に該当する時間(残業もしくは休日出勤分)が11時間分あってこのお給料です、基本的に時間外に勤務することを良しとされない職場でしたのでつまりこのお給料はそれでもマシな方なお給料ということです。

臨時とはいえ一応市の職員、フルタイムで動物たちの命を預かり園内の花形を支える立場の人間のお給料がこれです。どのように感じるでしょうか。

正直私は寝言は寝てから言って欲しいと思っていました。お給料があまりにも安くて生活が苦しいと何度も訴えました。それでも職員から返ってくるのは「申し訳ないけれど待遇はどうにもならない」という言葉だけでした。

やりがい搾取が許される世界なんてあってはならない

このお給料でメイン業務である動物を世話を行っていました、平行して設備の修繕を行い、接客をしてイベントを企画運営し園内の清掃や整備に駆り出されていました。

あれをやれこれをやれとどんどんやる事を増やし動物の種類や数も増やし仕事のハードルを上げる…のは一向に構わないのですが、それであれば雇う側は労働者に対して賃金を上げなければならないはず。

雇う側は給料は一切上げないと宣言しているにもかかわらず労働者の仕事の内容だけ増えていくのはどう考えても不釣り合いでしょう。

全国の雇用主に言いたい。労働者に良い仕事を求めるならば求めるものに釣り合った良い給料を提示しなさいよ。

給料がまともに払えないなんてそんな企業終わってる。いっそ無くなってしまえば良い。

今回ストレスで体にこんな症状が出ました

そんな環境に身を置いていたところ半年程経過した際にやる気やモチベーションがほぼ一切無くなってしまい、ただ惰性で仕事をしているだけという状況に陥ってしまいました。

適当に仕事をして適当にお金を貰えれば良いという考えの方もいらっしゃるかとは思うのですが、私は仕事を適当にやることが嫌いでかつ成果を出したらきちんと評価されたいという気持ちが非常に強いタイプです。そのため仕事の内容うんぬんよりも「この職場・環境で仕事をしていること」自体が大きな苦痛になってしまいました。

好きなことをしているのにただ毎日が辛いという矛盾した環境で過ごすうち、膨大なストレスを感じるようになりました。

仕事の日はあまりにも仕事に行きたくないという気持ちが強すぎたのか毎朝8時になるとお腹を下してしまい、5分以上トイレに籠ってから出勤していました。時折背中がピキーンとつる症状と呼吸がしづらいという症状が出てしまい痛みに悶える日もありました。(私はストレスを感じすぎると背中がつって動けなくなります)

もうここまで来たらどうにもなりませんでした。

そして9月に仕事を辞めることを決心し、10月末で退職という形をとりました。

給料が安いのは十分仕事を辞める理由になる

退職して本日で約1週間、役所での手続きをやったり色々調べたりしつつも思いっきり遊んで寝て食べて随分と身も心もすっきりしました。

いくら頑張っても安い給料しかもらえないという環境で苦しんでいるよりはいっそ思い切って退職してしまって次を探した方がよっぽどストレスが少ないです。給料が安いって理由で仕事をやめるのも大アリですよ、仕事しながら将来のことを考えるのは大変ですから。

私は1年働いたので自己都合退職でも3か月くらいたてば失業保険ももらえますし前年の稼ぎが少ない=各種税金も少ないため貯金と相談しつつ、月内は今後のことをじっくり考えます。

こんな記事を書いておいてなんですが、それでも飼育員になりたい方はこちらの記事も見て貰えたら嬉しいです。

飼育員になりそこねた臨時飼育員から飼育員を目指す人へのアドバイス私は現在小さな動物園の飼育員ですが、臨時職員であり期間限定の飼育員です。そして数か月間内にこの仕事を辞すつもりです。 念願...
ABOUT ME
三日月
三日月
静岡県在住のフリーライター。サプリメントや動物、オタク業界に強いアラサー♀。お仕事の依頼や問い合わせはお問い合わせフォームからお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です