管理人について
イラストつき

好きなことを仕事にしているから給料が安くても良いなんておかしいという話

好きなことを仕事にしているからお給料安くても辛くても大丈夫なんて言葉はこの世にあってはいけない

やりたいことを仕事にしている方もそうでない方も、もうお給料が安いことを我慢するのはやめませんか。好きなことをしていても頑張っていても生活が苦しいことを声に出してもっと明るみに出していきませんか。

退職の決意が固まりました

今社会人として頑張っている方々も本当は好きなことや自分の興味があること、楽しいことを仕事にしてお金もらいたいと考える人が多いのではないでしょうか。

私も本当は大好きな動物に関わる仕事をして暮らして行きたかったのですが、夢と現実を天秤にかけたとき夢よりも現実を取るべきという結論に至り退職する決意が固まりました。

平たく言うとお金>>>(超えられない壁)>>>夢が私の結論です。

飼育員は割とやりがい搾取の世界

身近に動物好きな方がいないと全く見えない世界だと思いますが、実は飼育員という仕事は憧れる人が非常に多い職業です。

その人気ぶりといえば上野動物園始め東京の動物園、ズーラシアをはじめ横浜の動物園の飼育員職の倍率たるや10倍20倍ではとてもおさまりきれないほど。(風の噂によると100倍以上とも…)

本当に好きでその仕事に就く方がほとんどであり、一度就職すると定年までいる方が多く空きが出ないと求人が出ないのが異様なまでに倍率が高い原因の一つです。

憧れる人が多い飼育員の仕事は6kの仕事

現場仕事は3Kとよく言いますが、私は飼育員の仕事は6Kだと思っています。

  1. きつい
  2. 危険
  3. 汚い
  4. くさい
  5. 給料安い
  6. 休暇が少ない

キラキラの夢の世界も蓋を開ければこんなものです。

きつい

文字通りめちゃくちゃに体力がきついです。

動物が大きくなればなるほど餌の量もフンの量も増えますし、掃除する場所も広くなります。またスペースの関係で無茶な体勢で世話をしたり作業をしたりしなければならない場合も多々あります。

また餌の袋はその多くが20キロ、重たいものでは40キロあります。それをいくつも素手で何往復もして運びます。

危険

小さい動物も大きい動物も等しく危険です。

草食動物…ネズミやウサギなどの小動物でも本気で齧られれば大怪我をします、馬に蹴られれば最悪死ぬ可能性もあります。象ともなれば相手はじゃれているつもりでも人間は実に簡単に死にます。

肉食動物…トラやライオンの獣舎(じゅうしゃ)の施錠を忘れたり操作の手順を間違えたりして彼らと同じ空間に入ってしまったら……どうなるかは言うまでもありません。

それ以外にも電動工具やさまざまな道具を使うことも多いため、操作を一つ間違えれば指の1本2本は簡単になくなります。

汚い

飼育員の仕事は糞尿の掃除がメインといっても過言ではありません。

また動物が怪我や病気をした場合など、吐瀉物や血にまみれることもあります。バックヤードも埃まみれで決して綺麗とはいえません。

臭い

肉を食べる動物も草を食べる動物もそれぞれ糞尿に特有の匂いがあります。

ウサギやネズミの仲間の臭いは比較的体につきにくいのですが、馬の臭いは指や体にこびりついてなかなかとれません。

就業後に風呂に入らずにどこかに行くのははばかられるレベルです。大きな園には飼育員用のシャワーやお風呂がありますが、正直設備がある方が珍しいです。

給料が少ない

同世代のサラリーマンと比べると格段にお給料が少ないです。

とはいえ正規職員であれば生活は出来るレベルであろうと思うのですが(思いたいのですが)、非正規職員の場合は特に本当に酷いものです。手取りで11万〜13万くらい、最低賃金に毛が生えた程度のお給料しかもらえません。

休暇が少ない

シフト制で土日も祝日も関係ないため基本的に年間休日は非常に少ないです。

下手すると年間休日が100日を切るところもあります。また体質的に古く、早出が美徳とされている文化が根強く残っています。

夢の世界だから低賃金で良いなんて風潮は許せない

私は動物が好きです、だから飼育員になりたかった。

飼育員でいられる時間は本当に楽しいです。毎日動物と一緒にいられる環境は何者にも変えがたいです、だけど好きだけで生活はできません。

はたらけど
はたらけど猶わが生活楽にならざり
ぢっと手を見る
石川啄木『一握の砂』
引用元:一握の砂 – Wikipedia

働いても働いても全く給料は増えない、要求ばかりが増えていってただいたずらに体力と精神力だけすり減らして行く…そんな生活の中で常にこの歌が頭をちらついていました。

この環境に飛び込むまで頑張っても頑張っても評価されない、報酬として返ってこないということがこんなにも辛いとは知りませんでした。

上司から言われた衝撃的な一言

そんな中、私の上司は話の流れの中で最低賃金の人間達に対して「臨時職員の中で現在Aランクの仕事をしている人間は1人もいない」と宣いました。

ええまあ、心底驚きました。

1時間800円とちょっと働いている人間にA級の仕事を求めるのは端的に言っておかしいと思うのですが、上司は平然とそんな事を言ってきたのです。

人間報酬がないと頑張れないし頑張らないのが至極当たり前だと思うのですが、この件で給料に関わらず全力で働くべきと考える方が実際いるのだということを知りました。

この一言は夢よりも現実を取ろうと思い揺れていた私の気持ちを固めるには十分な威力がありました。

従業員にAクラスの仕事を求めるならばAクラスの賃金を払うべきではないのでしょうか。

低賃金に納得いかない人はもっと声をあげて欲しいけど逃げるのも吉

世の中には私と同じく好きな仕事だから…と低賃金でも頑張っている方が多いと思います。だけどもうこんな生活は無理だと思ったら逃げていいんです、むしろ逃げましょう。好きな仕事だから生活が苦しくても我慢しなければならないなんてことは絶対に絶対にありえません。

なぜかといえば世の中の大半のことはお金があれば解決できるからです。お金にはそんなパワーとエネルギーがあります。

日本にはなぜがお金が汚いものという風潮があるように思いますが、お金のパワーやエネルギーがなければ服を着るのもご飯を食べるのもどこかに住むのも、遊ぶのも勉強することもなにもできません。

そのエネルギーをろく支払わないのにエネルギー以上の労働力を求めてくる経営者なんて言葉は悪いのですが糞食らえ、と思うのです。

努力する人の努力がきちんと報われますように

どんな職でも低賃金すぎて人が集まらなかったら待遇を改善せざるを得なくなるはず、であれば低賃金で苦しんでいる我々は声を大にして苦しい事を叫んで行くべきなのではないかと思います。

私は耐えきれずこの環境から逃げますが、それでもただ黙っていなくなるのは心底悔しいので小さい声ながらネットの海の中に声を残しておきます。

保育士、アニメーター、図書館司書、講師……世の中に必要とされながら劣悪な環境で働いている方たちの頑張りが認められて少しでも環境が改善されていきますよう切に願っています。

ABOUT ME
三日月
三日月
静岡県在住のフリーライター。サプリメントや動物、オタク業界に強いアラサー♀。お仕事の依頼や問い合わせはお問い合わせフォームからお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です