道化鴉

日々生き方を模索しているオタクコスプレイヤー、アラサー♀のお仕事・動物・心理学に関するブログです。(認定心理士取得予定)

早出は悪だと思うのは悪なのだろうか

こんばんは、三日月です。
今日は愚痴がてら、社会への不満をどーんとぶちまけます…。

早出するのが当たり前という社会って恐ろしくないですか


以前勤めていた会社は9時始業、18時終業でした。


以前の会社では女性陣で一番年上の経理のおばさまが一番最初に来ることが多く、次いで受発注の子、パートさん、私かもしくは私の上司という順番で来ることがほとんどでした。


私は会社が文字通り死ぬほど嫌いだったので8時50分くらいに到着することが多かったのですが、在籍していた7年の間なんとなくこっそりと暗にもうちょっと早く来なさいよみたいなことを言われたことがありました。なんというか「昔は後輩は先輩より早く来るものだった」とか「年下が朝玄関とか窓とかを開けられると良いよね」とかそんなことを言われました。いや良く考えたらこっそりでも暗にでもないな。


そんなことを言われても朝早く出社したところで1銭もお給料が増えないじゃないですか。それなのになんで早出をしなければいけないのか私にはさっぱりわかりませんでした。そして決して10分前出社スタイルをまげませんでした。そのうち文句は言われなくなりました。


残業したら残業代が出るとしても早出をしても早出代は出ないんだからそんなに早く来る必要なくないですか…?もちろん絶対に遅刻はしませんし一日にやるべき仕事はきちんとこなします。かつ翌日の業務に必要な準備をほとんどこなすことを前提としている場合、早出する必要がどこにあるのか私には皆目見当が付きません。

早出=やる気がある?ってどういう世の中なんだ…


現在の勤め先は8時半始業、17時15分終業です。


私は相変わらずだるだると8時15分くらいに職場に着き20分くらいには着替えを済ませて仕事ができる状態にする感じで暮らしています。他の人たちは7時半やら7時45分やらに到着してそこから仕事をしているようです。私は多分やる気がないと思われている。(気がする)


対動物の仕事の場合、自分が担当している動物が気になる人は早出するのは良くあることです。むしろ飼育員としてはそのくらいの情熱?というかやる気というか、そういったものがあることが良しとされている感じがあります。休日を返上するのもある種当然、有給なんて残って当たり前、動物のことをなにより最優先にして然るべき、といった風潮が満ち満ちています。


動物が体調不良になったとかそういうことがあったらもちろん早く行ったり残業したり、はたまた泊まり込みになることも厭わない覚悟はありますが日常的にそこまでする必要があるのだろうか…と思ってしまいます。


友人に中学校の教師がいるのですが、土日も祝日もなく部活の関係で仕事をしているところを良く見かけます。世間的には教師なんだからそのくらい当然だろうといった見方をされがちですが、いやちょっとまって教師もただの人間ですよ。土日もなく働いていたら倒れてしまいます。実際友人は1か月も2か月もぶっ続けで仕事と部活をし続け、丸1日休んだ日がない時があったそうです。一般企業だったらそうそうそんなことありえないじゃないですか…早出の話とちょっとずれちゃいましたけれど。

やることはやるから早出も残業もしないできっちり働きたいなぁ、と。


どんな仕事だって仕事は仕事であって人生そのものじゃないんだからちゃんと仕事してたら良し、という世の中になりませんかね。


私は動物が好きですし、飼育員の仕事は楽しいです。ただね、どれだけ好きだって100%動物だけの人生は私にはムリなんです。オタク業だってコスプレ業だってしたい。旅行もしたいしライブも行きたい。こんな私は飼育員失格でしょうか。


早出しないとやる気がなく見えるのでしょうか。決められた時間内できっちりぎっしりばっちり働いても、早くこないだけでやる気がないと判断されてしまうのでしょうか。お金がないと人間生きていけないのに、お金が貰えない時間にも働かないといけないのでしょうか。


1時間早く来て働いたら「1時間分の自分のお給料はいらない」と言っているのと同じ意味じゃないですか。私には1時間の早出は「自分の1時間なんて無料でいいですよ!」って感じで自分を安売りしていることとイコールに思えてしまうのです。


遅刻せず、始業時間には仕事出来るスタイルでスタンバイしてたらそれだけでいいと思うんだけどな。残業に対する世間の目は少しずつ厳しくなってきているけれど早出に関しても厳しくなっていいんじゃないですかね、どっちにしろ時間外なんだしさ。

おわりに


こういうところに反発しないで世間の流れと同じく流れることが出来れば楽なのですが、こういう風に考えてしまうのが私の生き辛さを感じてしまう理由の1つなんだろうなあと思います。とても息苦しく、生き辛いですがとりあえず前を向いて1歩ずつ歩いて行こうと思います。


おしまい。