道化鴉

日々生き方を模索しているオタクコスプレイヤー、アラサー♀のお仕事・動物・心理学に関するブログです。(認定心理士取得予定)

リコリスの森の超個人的考察②

2/27のフラゲ日からリコリスショックが続いており、いまだに森の中をさまよっている私です。考察とは名ばかりの自分の感想としんどい気持ちの掃き出しでリコリス関係で2つ目の記事を書きます。


※思いっきりネタバレ注意!!


www.crescentwolf.work

こちらの続き?となります。

リコリスの森はいわゆる「ループもの」であるのではないか

色々な方の考察を拝見し、改めてリコリスの森を聞きなおして私もこの物語は世界がループしているのだと思いました。

歌詞中に「メビウスの輪」という表現がありますが、メビウスの輪は1週周るといつの間にか裏になっていて、更にもう1週すると表に戻ってくるという性質があります。物語の端と端が繋がってメビウスの輪となっているならば輪が捩れても途中の道筋がゆらぐだけで結局結末は何も変わらない…輪から抜け出すには輪を切り裂くしかありません。この輪を切り裂くこと=ブラッドがランドルフを殺すこと、だったのではないかと思いました。
メビウスの帯 - Wikipedia


黒ずきんは何度も何度も同じ世界をくり返しているのでは?

前の記事でも書きましたが私は黒ずきん=ブラッドの影の部分だと考えています。彼の道中の行動やランドルフを殺した後ヴィクターと対峙したときの今まで押し殺していた心の声がブラッドではなく黒ずきんの声であること、ヴィクターを殺そうとする時にブラッドと黒ずきんの声が重なることからそのように思いました。


この2週間程ずっと考えていたのですが、黒ずきんの目的は「自分(ブラッド)が幸せになること、ランドルフの心を手に入れて理想の永久の世界へと行くこと」だったのかなと。その目的のため何度も何度も理想の駒が揃って理想の幸せの形を作ることができるまで同じ世界を延々と繰り返していたのではないでしょうか。そう考えると淡々と効率的に、かつどこか残虐に1つ1つの物事を、1人1人の人物の心に踏み込んで唆す彼の行動にも納得がいくように思います。


そのくり返しの世界の中で恐らくですが、何度も想像していない人間が死んでしまったのではないでしょうか。それは村人だったりグレアムだったりヴィクターだったり、あるいはブラッドやランドルフだったりしたのではないでしょうか。時にはランドルフがブラッドを殺してしまうパターンやヴィクターがランドルフを殺してしまうパターンもあったのではないでしょうか…何度も何度も思い通りにならない世界を繰り返し続ける黒ずきん。ブラッドの陰である彼に人間と同じ様に”自分の心”というものがあるのかどうかわかりませんが、あったとしたら日に日に消耗して少しずつ気が狂っていったのではないでしょうか。うう、しんどい…。


ループではないかと考えた理由たち

「また私は罪を犯してしまうのか」というグレアムのセリフ

序盤でグレアムが言うセリフです。今まで彼がどんな罪を犯してきたのか定かではありませんが、今回と同じ罪(兄弟を人売りに売る)と考えるとそれを犯したのは彼の父でありグレアム本人ではないはずです。トッドのセリフに動揺しないことから見ると父が犯していた罪を知っていたように思えますが、病弱でろくに働けもしないグレアムが心の底から絞り出すような声で懺悔するような罪とは一体何なのでしょう。
もしかすると以前の生で同じ過ちを犯し、その記憶を引きずっているのでは…?と思いました。

「もう誰も死ぬのを見たくないんだ」というブラッドのセリフ

物語の終盤、ブラッドがアルヴィンに向けた鬼気迫る叫びですが、私たちが見ている(聞いている)作品中ではまだ誰も死んでいません。幼いころに母親を亡くしているということなのでそういった意味で”もう誰も”と言っているのかもしれませんが、それにしては彼の叫びは悲痛すぎるものがあるように思います。借金のかたに兄弟が売られたという表現はありましたがブラッドは実際その場面を見ていない(というより知らない)はず。
このことから考えるとブラッドは「以前の生で誰かが死ぬ場面を(たくさん)見ている」のではないかと思いました。

「誰かにあなたを殺されるくらいなら~」というブラッドのセリフ

作中にある情報では「ブラッドはグレアム(家族)の借金のかたに売られる、元締めはトッドで依頼を受けたのがランドルフ」「ランドルフを村人やヴィクターが殺そうとしている」ということがわかります。ヴィクター達に殺されるくらいなら自分の手にかける、というそのままの意味だと思うのですが、人を殺してしまう程の思いの根源はもしかしたら以前の生で実際ヴィクター達がブラッドの目の前でランドルフを殺してしまったことがあったが故ではないかとも思いました。これはやや妄想がすぎるかも…?


とりあえずいったん終わりにします

考えれば考えるほど頭がぐるぐるして頭の中がメビウスの輪になるわ!!と思いながらも何度も聞いてしまう中毒性に日々クラクラしています。

元々割と繊細なところがあって生身の人の感情や作品の雰囲気に当てられてしまうタイプであるがゆえにリコリスショックは当面続きそうです…久しぶりにこんなに色んな意味で揺さぶられていて楽しいけどしんどいです。どこかで誰かと語らいたい、吐き出したいです…。