道化鴉

日々生き方を模索しているアラサー♀のお仕事・心理学に関するブログです。(うつ病完治、ゆるゆると社会人に復帰しました。)

エキゾチックアニマルを飼うのは簡単じゃないよっていうお話(ウサギとカワウソとフクロウの話)

こんばんは、三日月です。

今日はペットに関する事を書いてみましょう。

 

 

エキゾチックアニマルは時間とお金がないと飼えないよ

エキゾチックアニマル - Wikipedia

エキゾチックアニマル(Exotic animal)は、ペット及び伴侶動物(コンパニオンアニマル)として飼育されている特殊な動物に対する呼称である。主に獣医師やペット業者の間で用いられる。  

 

エキゾチックアニマルの定義はあいまいですが、当記事では「一般的にペットとして普及している犬猫以外の動物」をエキゾチックアニマルの定義として記述します。

 

私はウサギを飼っています。種類はネザーランドドワーフ、ペットとして飼われているうさぎでは一番小さく飼いやすいので非常に人気があると言われています。

 

うさぎを飼っている人は結構に多く、私の周りでもウサギをペットとしている人が何人かいます。むしろ何人もいます。うさぎは散歩が必要ないので一人暮らしでも、鳴かないのでアパート暮らしでも飼うことができますが、(個体差は大きいですが)懐きますし見た目が非常に可愛らしいので癒し効果は抜群です。

 

個体の値段も非常に安価であり、私のうさぎも購入時の価格は18,000円でした。

血統書つきの子の場合は5万以上するようですがイオンのペットショップで買った血統書なしの我が子はこんなリーズナブルなお値段でした。

 

動物自体は安くても、飼うにはとてもお金がかかりますよ(エサ編)

さて、前述しましたが我が子のお値段は18000円です。

 

我が家ではウサギ用のフードとチモシーという牧草を与えており、おやつとして乾燥オオバコやパパイヤの葉などを与えています。楽天の比較的安価なサイトでフードを購入していますが、それでもフードを約3か月に1回くらいの頻度で購入していてこれで大体2000円くらい

 

チモシーはまとめて買うと大分安いのですがそれでも3~4か月に1回5000円くらいです。

 


 

毎回これを買うので押入れの一角がチモシーだらけになります。笑

ということでエサ代だけでも3か月に7000円、おやつ代も含めると1年で3万円くらいですね。これをこの子が生きている限り毎年支払います。ネザーランドドワーフの平均寿命は5~10年といわれているので10年生きたら30万円かかりますね。

 

飼うにはとてもお金がかかりますよ(病院編)

さて、エサ代は基本中の基本ですが、相手は生き物なのである日急に病気になったりけがをしたりします。働いている人間であれば社会保険が使えますが、動物には保険がありません。犬猫ならまだペット保険がありますが、うさぎが入れるペット保険はとても少ないです。

 

私のうさぎは今まで病院に3回ほどかかりました。最初は元気ながら急にごはんを食べなくなったため慌てて病院に駆け込み、歯が伸びすぎていることが原因ではないか?ということで麻酔をして臼歯を切除することになりました。うさぎは全身麻酔をしないと歯が削れないそうです。ただしうさぎの麻酔は量の調整など技術が必要らしく、うさぎになれていない獣医さんだと失敗する可能性がやや高いようです。ここでかかった費用が16200円でした。

 

2回目も同じように食欲不振でしたが前回と違う病院に行ったところうさぎに詳しくなかったようで非常にずさんな診察をされ、とても腹が立ちました。いくらかかったかは覚えていません。一応処方された薬を飲ませたところ回復したので結果オーライではありましたが…。

 

3回目は避妊手術のときです。メスのうさぎは年齢を重ねると99%子宮疾患になるとのことでしたので意を決して手術に臨み、無事成功しました。2度目の全身麻酔になるので非常に怖かったのですが、長く一緒にいたいと思ったので頑張って貰いました。この時にかかった費用が5万近くでした。

 

ざっくりと病院代だけでも10万近くかかっています。まだまだ若いと思っていても我が子も今年で3才、この先年を重ねれば色々な症状が出る可能性もあります。この先病院代がどれだけかかるかわかりませんが、それは覚悟の上でこの子と一緒に暮らしています。

 

まだウサギだからいいけど、もっと珍しい動物だったらどうなるでしょうか

ということで私は自分のうさぎのエサ代ともろもろの必要なもの(ケージやトイレ砂など)に今のところ10万近く、病院代でも10万近く使っていると思われます。

 

何度もいいます、うさぎ自体は18000円です。

うさぎを3年飼ってかかった費用は20万円です。

これからこの子が仮に7年生きたら、どれだけの費用が掛かるでしょうか。

 

もちろんもっと安いエサもあります、病院に行かないという選択肢もあるにはあります。恐らくもっと削ろうと思えば削れますが、ペットに健康的に暮らしてもらおうと思ったらたくさんのお金が必要になります。

 

さて、ここでちょっとだけ考えて頂きたいのです。ペットとして大分一般的になったウサギでもこの有様です。これがもっと珍しい動物だったら更にどれだけのお金がかかるでしょうか。

 

例えば今流行りのカワウソ。

彼らを飼うには水場の確保が必須になります。とすればそれなりの敷地が必要ですし、水はすぐに汚れるので水道代が跳ね上がることを覚悟しなければなりません。

またエサは魚介類なので大きめの冷蔵庫か冷凍庫も必要ですね。そして魚介類を好んで食べるカワウソはそれなりに体臭が生臭いです(水族館でペンギンの周辺に行った時のようなにおいです)、近隣の方へ配慮すると戸建ての方が良いですね。それとカワウソを見られる獣医さんをあらかじめ探しておかないと何かあった時に困るので事前の調査が必要ですね。

 

フクロウカフェで人気のフクロウ。

彼らの食事は生肉です。スーパーで売っている様な肉では栄養失調になってしまうので丸ごとのウズラやマウス、ヒヨコがエサとなります。フクロウを生かすために他の動物を殺すかあるいは冷凍マウスなどを購入しなければなりません。エサを切らしてしまった場合すぐに工面することが難しいのでそれなりに大きな冷凍庫があったほうが良いですね。

また鳥類であり飛ぶことを考えるとある程度広い飼育スペースが必要ですし、外に逃がさないように細心の注意が必要となります。またカワウソと同じくフクロウを見てくれる獣医さんを先に探しておく必要があります。病気やけがになってから慌てて獣医さんを探してもそうそう見つかりませんよ。

 

恐らくカワウソもフクロウも見てくれる獣医さんはいると思います。特に都内ならなんとかなるでしょう。ただしどれだけの診察料を取られるかは全くわかりません、動物病院の診察料は獣医さんの裁量で決められるものなので全くの未知数です。

 

必要なのはカワウソ代だけじゃない、フクロウ代だけじゃない。

数年単位でかかってくる費用(エサ代や電気水道代、病院代)の用意はありますか?設備や環境の準備はできますか?

 

おわりに

可愛い動物と一緒に暮らしたい気持ちはわかります、だけど実際に飼う前にちょっとだけ待って下さい。愛情だけでは暮らせません、現実問題としてお金がたんまり必要になることを忘れないでくださいね。

 

本日の記事はここまで。