道化鴉

日々生き方を模索しているアラサー♀のお仕事・心理学に関するブログです。(うつ病完治、ゆるゆると社会人に復帰しました。)

頭を使う仕事から体を使う仕事になって感じること

こんばんは、三日月です。

新しい仕事に就いて5日目、まだまだ体も頭もプチパニックですがなんとかかんとか頑張っています。頭より体がつらい…!!

しかし前職の頭を使うタイプの仕事をしていた時と生活が一変したので思った事をつらつらと書いておきます。

 

頭を使う仕事→体を使う仕事になって

前職は営業事務、とは名ばかりの実質内勤営業でした。電話とメールを駆使してお客さんとメーカーさんと繋ぐ間の役、部署は自分を入れて3人で同じ仕事をしているのは私と直属の上司だけでした。そして仕事量が多すぎて死ぬかと思った。とか思ってたら本当にメンタルが死んだ(自虐)

 

自分で作った見積もり書に自分の裁量をもって判子を押すような責任のある仕事をやっていました。(1キロ100万の原料、1g数万の原料、色んなものがありました。)9時から18時の就業時間中頭は常にフル回転、左の肩に電話を挟みながら他の案件のメールを打つ日々…デスクワークなのに一日が終わるとぐったりしてしまって趣味のことや副業のことにもなかなか手が回りませんでした。そして夜はなかなか眠れず朝もぎりぎりにならないと起きる事が出来ませんでした。

 

そこから転職して今は8時半から17時15分の動物関係の現場仕事です。体はめちゃくちゃ疲れます、どんなに雨が降ろうと風が吹こうと合羽を着て外をずっとうろうろしたり動物を運んだり追いかけたり手入れしたりしています。

 

正直全身筋肉痛になりますし、あちこちぶつけて足のあちこちが黒ずみだらけです。

そして体は疲れているので眠くなるのは早くて起きていられないような眠気に襲われることもしばしばありますが、代わりに朝スッキリと目覚めるようになって朝お弁当を作る余裕まであります。夜は本を読んだりゲームをしたり、はたまた副業の文字書きをしたりと色々なことに気力を割くことができています。

 

うーん、頭の疲れと体の疲れって全然性質が違うんですね。

 

頭と体の疲労、どっちが良いのかわからないけれど

恐らくですが頭を使った仕事のほうがお給料は良い傾向にあると思います、ただ体を使う仕事のほうが体は健康になるかもしれません。

 

だって猛烈に眠くなるもの…

 

人によって向き不向きはあると思いますが、頭を使った仕事に向いてない!!と思ったら一度体を使う仕事をやってみるのも良いかもしれません。現場仕事は腰痛と怪我にさえ気を付ければ割と面白いものです。

 

本日の記事はここまで

台風がちょうど来ているようで雨風の音がすさまじいです、ごうごう言ってます。とはいえ明日も普通に出勤ですので、動物やら建材やら色々なものに被害が及んでいないことを願いつつ本日はここでおやすみなさい。