道化鴉

日々生き方を模索しているアラサー♀のお仕事・心理学に関するブログです。(うつ病完治、ゆるゆると社会人に復帰しました。)

結婚願望がある人はすごいと思う話

こんにちは、三日月です。

ある日友人に指摘されて気づいたのですがどうやら私は人より少しばかり物事を考えすぎてしまう性質とやや繊細な面があるらしく、気になることや自分が納得できなかったことがあると寝ても起きてもその物事がずーっと頭から離れません。寝たら嫌なことは忘れるタイプのひとが心底羨ましいのですがこれはなかなか真似するのが難しいですね…。

 

世の中にはHSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)という感受性が強かったり繊細だったりという特性を持っているひとがいるそうで、これに近いのかなぁと思っていたりします。診断テストがあってやってみたのですが14項目当てはまったらHSPです、と書かれた中で当てはまったのが13項目でした。び、微妙…

診断テストはこちら、興味がありましたらどうぞ→Are You Highly Sensitive?

 

そんな性格なのでなんとなく常に頭の中にあって意識すると疲れてしまう話題というのが結構あるのですが、最近親族からも少し言われるようになって疲れている話題の1つ「結婚」について少しばかりの愚痴とともにアラサー女の考えを書いてみます。

 

結婚ってしないといけないものなのだろうか

www.asahi.com

 

最近よくニュースやらなにやらに話題として挙がる「生涯未婚率」、年々上昇傾向にあるそうですね。書くいう私もこのパーセントを押し上げている原因の1人なので何も言えやしないのですけれど。

 

まわりの人たちの現状

実はというかなんといいますか、自分を含め友人の未婚率がとんでもなく高いです。学生時代の友人はほぼ同い年ですが大学時代の友人はほぼほぼ未婚です。オタク趣味の方の友人は10歳下(!!)だったりやや年上だったり幅広い年代ですが結構なひとが未婚です。結婚しているのは高校時代の友人がほとんどというのが今の私のまわりの現状です。

結婚して子供がいるひとは両手の指で数えきれますし、結婚したばかりの友人は1人。合わせても両手の指が余ります。

 

  • 打ち込みまくっている趣味があると結婚が遅くなる
  • 大学まで行くと婚期がおそくなる

…というのは実際本当だなぁとは思います、あくまで私の体験談ですけれど。

 

オタク趣味ではコスプレをやっているのですが、毎週イベントにいったり月に何着も衣装を作ったりしているようなひとは中々新しい出会いがないものです。コスプレイヤーは恋愛だの結婚だのにかまけている余裕なんてないほど忙しかったりします。ただ内心こういうことで焦っているひとが多いのもまた事実。だけどそういった焦りを差し置いても夢中になってしまうくらい楽しいんです、コスプレというものが。

 

それと大学時代の友人も軒並み結婚していません。(また聞きで同じ研究室だった人たちは何人か結婚したらしいと聞きましたがそういうひとは私的に友人にカウントしないので除外しています。)学生の時からお付き合いしているひとがいたり就職先で出会いがあったりすればいいんでしょうけど、東京農大という割とマニアックな大学で結構みんなオタク気質だったのも今期の遅れに関係しているのでしょうか…。

 

結婚願望が昔からあんまりないのですが

今は結婚願望はほぼ皆無ですが、結婚したい…と昔1度だけ思った事がありました。大学生の頃4年くらいお付き合いしていたひとがいて、そのひととだけは結婚したいとぼんやり思った記憶があります。色々あって別れてしまって、それ以降お付き合いしたひとがいても結婚したいとは思わなかったので完全にタイミングを逃してしまったみたいです。

 

とはいえ実際のところは願望がない、というよりは理性の力か何かで願望を抑え込んでいる部分も大きいのかもしれません。

 

私の家は小学生の時に両親が離婚しています。父親の度重なる浮気による家庭崩壊…といえば単純ですが、父親の不倫相手も家庭があって子供がいたといういわゆるダブル不倫というやつだったようです。1度発覚した時に両家の親族会議となって「もうしない」と反省したようですが、それほど間を置かず2度目も発覚。父親は2度目も同じひとと不倫をしていたそうですよ。

 

どうやら子供の運動会やら日常やらを記録するためのビデオテープに男女の営み(笑)が記録されていたようでそれで発覚したそうですよ、どんだけ~!! ※古い

 

不倫相手に会ったことはありませんが、不倫相手が書いた手紙をうっかり父親の車で発見してしまい読んでしまったことがあるのですが、その中に白々しくも私の名前が書いてあって猛烈に気持ち悪さと怒りを覚えた懐かしくも腹立たしい思い出が忘れられません。

みかづきちゃんは元気にしてますか??じゃねーよお前誰だよ^^って思ったよね。

 

小学校4~5年の時に離婚するだのしないだので我が家は大揉め、毎日父親と母親の怒声と罵声が響いてしんどくて居場所もなくて布団をかぶって泣いていました。弟もいたのですが7つ離れているので当時3歳ですし前も書いた通り会話ができない相手なのでどうにもならず、誰にも相談も泣き言も言えず、学校だけが楽しい場所でした。ポケモン全盛期だったので毎日わいわい楽しく騒いでました、ありがとうポケモン

 

弟についてはこちらをご参照頂ければと。。

www.crescentwolf.work

 

結局離婚し母親についていったのですが、母親もまぁ色々あったんでしょうけども何かあって喧嘩すると「お前なんか産まなきゃよかった」「育て方を間違えた」「父親にそっくりだ」なんて単語をよくよく浴びせられまして、その度にそれなら産まなきゃよかったじゃん!!!と心の中で思ったものです。父親にそっくりってそりゃ半分父親の血から出来てるからね?って感じですよ、はっはっは。

 

そんな環境で育ったお陰で結婚に対する夢も希望も何もないのが、正直なところです。いつまで昔のことを引きずってるんだろうとも自分で思うのですが、それでも暖かい家庭なんてものは机上の空論でしかないのではないかといつも思っています。

 

まして私は体が弱いのでもし子供なんて産んだ日にはその子にいろんないらないものが遺伝する可能性がかなり高く、そんなのは子供が可哀想すぎると思ってしまい子供が欲しいとも思いません。ド近眼(0.03程度)、気管支喘息アレルギー性鼻炎、あげくにうつ病…こんなの引き継いだら病院行くだけで結構しんどいですよ、特に喘息は一生ものなので余計に。

 

そんなこんなで

長ったらしく書いてしまいましたがそんなこんなで私は結婚願望がありません。きっとずっと独身なんだろうなぁと思います、少子化に拍車をかけてごめんね日本!!

結婚したくないとかぼやいてる人がいたら何か結構重たーいものを背負ってるかもしれません、あんまり良い人いないの?とか結婚はいいよー!!とか子供っていいよー!!とか言わずそっとしておいてあげて貰えたら嬉しいかも。

 

とはいえ私の場合は自分には縁の無いことなので結婚生活のこととか子どもの話とか聞かせてもらうのはとても楽しくて好きです。その昔保育士になろうかと思ったことがある程度に子どもは好きなので遊ぶ時に連れてきてもらっても全然構わないし、むしろ遊ばせて貰えるととても嬉しいです。あくまで私は、ですが。

 

終わりに

結婚に関しても結婚するひとしないひと、子供を産むひと産まないひと、同性と結婚するひと……色んなタイプの人間がいるんだよってことをもっと寛容に受け止めてくれる社会になれば良いのになぁと日々思います。

 

結婚イコールゴールじゃないしイコール幸せでは無いと思うのです。意図して結婚しない選択をするひとも子供を産まない選択をするひともそういう生き方もあるんだね、と軽く受け止めて貰えたら変に苦しい思いをするひとも減るのにな、と心底思います。

 

ではでは、本日はこの辺りで終わりとします。