道化鴉

日々生き方を模索しているアラサー♀のお仕事・心理学に関するブログです。

ご飯は体と心の栄養なんだなって思ったお話し。

こんばんは、三日月です。

一番最初に心療内科に行ってから丸っと1か月が経過しました。

 

この1か月はゆっくりだったようなあっという間だったような非常に不思議な感覚です。大学を卒業して社会に出てからこれほど長い休みを取ったことなんてなかったので、学生に戻ったような何とも言えない不思議な気持ちです…一応通信大学には行っているので今のポジションとしては間違いなく「大学生」ではあるのですけども。

20代の大学生の時は夏休みも冬休みも長かったので遊び呆けてました、懐かしいです。当時神奈川⇔北海道の遠距離恋愛をしていたので2週間くらい札幌に住み着いたりとかしてましたね。わぁわぁやってることが若かった!

 

 ご飯を食べないと心も体も栄養不足になると思うお話し。 

 

さて、本日の本題です。

うつ病のせいだけではないと思うのですが、今現在やる気が出るときと出ないときの差がすさまじいです。完全に気分が落ちている時はご飯を用意してそれを食べて更に片付ける…という工程を考えただけで憂鬱すぎて昼や夜ご飯を放棄することが何度かありました。

そうするとその憂鬱がどう頑張っても抜けないんですよね。そして体も鉛のように重たくなってなんかもう何でもどうでもいいやーとかいっそ死んでしまいたいとかとんでもない投げやりな気持ちになっていました。

 

体と心は別の物であり、体は目に見えるもの、心は目に見えないものです。でも不思議な事にこれらって密接に関係しているんですよね。体が怪我をすれば心は落ち込むし(落ち込まない人もいるとは思うのですが)、心が落ち込めば食欲が無くなる…体の怪我は目に見えるからまだしも、目に見えない心はとても厄介なものだと常々思います。

 

なんでかよくわからないけど体と心は繋がっている、そう考えるとちゃんと食事をしないと体も心もじわじわと蝕まれていくようです。体に必要な栄養素は厚生労働省が打ち出してくれているので具体的な数値がわかるのですが、心に必要な栄養素はわかりません。わかりませんが食事をしないとなぜか心までボロボロになっていきます。

 

www.mhlw.go.jp

ちなみに参考資料、厚労省のホームページです。前職はこういうのを使ってサプリメントの処方とかたまーに計算していました。笑

 

退職するちょっと前、抗ストレス作用や睡眠の質を改善する作用のあるサプリメントの素材が良く売れていました。そういうところからも現代の日本人の疲れが垣間見えていましたが、そういった成分に頼るより何よりまずちゃんと食事をすることが大切だと思います。

 

社会人の皆さま、どうかちゃんと食べて、寝て下さい。

そして遊んで、食べて、寝て下さい。

 

食べることも寝ることもおろそかにするとなんでか心が苦しくなってきます、食べることも寝ることもままならない生活を送っているならばそれは何かを変えるべき時期に来ているのかもしれません。

 

変えるものは人それぞれだと思います。

  • 残業がひどすぎるなら仕事そのものを変える
  • 通勤時間が長すぎるなら住むところを変える
  • ゲームに費やす時間が多すぎるならゲームをやめる、時間制限をする

 

自分を変えるのはとんでもなく大変ですし苦痛が伴うこともしばしばあります。ただどうしようもなく現状が苦しいのであれば、苦しくても体がちぎれそうな程痛くても泣きたくても、それらを打破していくことも時には必要なんでしょうね。

 

 つまりはなんといいますか 

 

落ち込んだ時ほど飯を食え、好きな物でいいから。

 

心がしんどいと悲鳴を上げている時にダイエットとか言ってる場合じゃない。 さあ飯を食え、食べたいものがあるうちが花ですよ。(何かのゲームのキャラクターのセリフを軽くお借りしていますが本当にごはんは大切です。)

 

さて、本日のびっくり画像をもってこの記事を〆たいと思います。

f:id:crescentwolf:20170819002430j:plain

現在部屋の片づけをしながら簡単なライティングのお仕事をしています。部屋の片づけ…といいますか台所の片づけをしたら開封済みだったり未開封だったりなお茶がこれだけ山のように見つかりました…発掘されたと言った方が良いでしょうか…。

美味しそうと思って買ってもお茶を飲む心の余裕すら無かったです、お茶なんて入れる時間があるなら水飲むわ!!みたいな感じでした。静岡県の水道水が美味しいからなせる業かもしれません。

 

ゆっくりお茶をのんだり、お酒をのんだり、そういうゆったりとした「無」みたいな時間も人間には必要だと思います。今は率先してそういった時間を取り入れるように生活をしていますが、ゆったりした時間は心の洗濯の時間なのかもしれません。

 

さて、明日は久しぶりに某テーマパークに行ってきます。体調が心配ですが友人が無理しないで良いと言ってくれているのその言葉に甘えてゆっくり楽しんできます。

それではおやすみなさい。

うつ病になって思った事+イラスト関連アプリ紹介

こんばんは、三日月です。

うつ病と診断されて+無職になってほぼ丸一か月が経過しましたが日々ぼんやり寝たい時に眠るぐうたら生活を送っています。と言いますか体力がとてつもなく落ちているようで何かをするとすぐ疲れてしまってろくに動けない、というのが正しい状態です…うつ病ってなにやら良くわかりませんがとてつもなく疲れます…。

 

 忙しすぎると心が死んでいくと思う件。 

ふと振り返ってみると在職していた7年間は本当に本当にガムシャラに仕事をしていまして、月曜日~金曜日はほぼ毎日仕事で100%近くの力を使ってしまう事が当たり前でした。その反動で退職してしばらくは忙しくなさすぎる毎日にどうしたらいいかわからないことが多かったです。車は急に止まれないってやつでしょうか、慣性の法則…?いや違うか…。

 

在職中は仕事が終わったらあれをしたいこれをしたいと仕事中に色々思い浮かぶのですが、実際帰宅するとくたくたで軽くゲームをやったりなんとか体に鞭打ってジムに行ったり、飼っているウサギとちょっと遊んだりするうちに気づけば眠る時間…という毎日を過ごしていました。時間があったとしても気力が追いつかないこともしばしばありました。

絵を描きたい、レジンで小物を作りたい、ちょっとした洋服を作りたい…そんなことすらろくに出来ていませんでした。休日にやればいいじゃないと言われればそれまでなのですが。

 

それらはまあ趣味なのでやらなくても死にはしない事柄ですが、今思うと在職中はとにかく部屋が汚かったしそれを片付けることが出来なかったです。

退職して1週間程はひたすら眠ることしか出来なかったのですが、少し体力が回復して部屋を見渡した時、あまりの汚さに自分でびっくりしました。洗濯物は干しっぱなし、乾いたものは床に置きっぱなし、机に使った塩コショウが置きっぱなし、集めたアニメグッズも飾ることすら出来なくて袋に詰めて床に置きっぱなし…一応足の踏み場はあったのでテレビで放送される様な汚部屋レベルまでは行っていなかったと思うのですが、それにしてもアラサー女の部屋がこれでいいのかというレベルではありました。

 

部屋が汚いのはわかっていたんです、でも当時の自分には掃除する気力すらなかった。部屋が汚くても死なないしとりあえず必要なものはどこにあるかわかるしまぁいいか!!そんなことより寝たい!!!くらいの気持ちでした。

 

住むところすらまともに保てないくらい、やりたいことすらろくに出来ないくらい、疲れてしまう仕事ってなんだったんでしょうね…うつになってやっと立ち止まることが出来て、忙しさは文字通り心を亡くす(殺す)のだなぁと思いました。

今になって思えばあの時の私、特に今年に入ってからの私はただ仕事をするために生きていた、本当に亡霊みたいなものだったような気がします。なんであれほどまでに頑張ってしまったのかは本当に謎ですが、頑張るしか道がないような気がしてしまっていたんですよね…。

 

 突然のお絵かきアプリ紹介。 

 

さて、一応絵が描けるくらいには精神の体力?的なものが戻ってきましたのでぺたりと描いたイラストを貼りまして本日の記事を〆ようと思います。動物の絵を描くのが大好きなのでいつもこんな感じのイラストばかり描いています。

f:id:crescentwolf:20170817002239j:plain

ライオンです。ネコ科大型動物はロマンですね、大好きです。

このイラストシャープペンで描いたものをスマホでスキャン、スマホで着色しました。どうにもパソコンで線画を描くのが苦手な半分アナログ絵描きなのですが、今は透過作業もワンプッシュでやってくれるんですね…便利な世の中です。

 

CamScanner

CamScanner

  • INTSIG Information Co.,Ltd
  • 仕事効率化
  • 無料

スキャンはこちらのアプリを使っています。 

お絵かきアプリ アイビスペイントX 無料

お絵かきアプリ アイビスペイントX 無料

  • ibis inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

色塗りはこちらのアプリを使っています。 

 

スキャナを引っ張り出してきてスキャン、そこからマジック消しゴムツールで要らない部分を一生懸命消して線画を作るだけで1時間も2時間もかかっていた昔が嘘のようです…技術の進歩ってすげえすごいですね。

アイビスペイントは本当に無料でこれだけ使えて良いのだろうかと思うくらい機能が充実しています。パソコンの有料ソフトSAIと大して変わらない機能が使える上に背景に使えるスクリーントーン的なものまで搭載されていて驚くばかりです…!

絵を描くことが楽しい!という気持ちが蘇ってきたので色々と描いて行こうと思います。イラストとかキャラクターデザインのコンペとかも出してみたいなぁ。

 

明日は高校時代の友人と久しぶりに会えるのでとても楽しみです、それではおやすみなさい。

心療内科の受診を考えている方へ

f:id:crescentwolf:20170815001257j:plain

 

こんばんは、三日月です。

うつ病と診断されてちょうど1か月くらいになります。明日は5回目の通院です…朝一の予約なので早く寝ないといけないと思いつつ夕方変に眠ってしまって今目が冴えてしまっています。

 

さて、突然ですが私は静岡県の東部に住んでいます。いわゆる片田舎です。会社員時代にこれはいよいよ精神的にまずい状況に陥ったぞと病院に行こうと決心したときに調べたところ、田舎ではありますが住んでいる市内にも心療内科や精神科は多く存在していました。ただどこの病院も軒並み予約でいっぱいで新規の予約を取ることが非常に大変な状況でした。

 

電話先の病院のスタッフさんもなんとか予約を入れようとあれこれ考えてくれるのですが、それでもかなりピンポイントの時間しか予約が取れなかったり数週間先でないとどうにも予約が取れなかったりといった感じでお互いうんうん唸りながらなんとか予約を取る感じでした。つまりそれだけ精神的に参っている方が多いと言うことですよね、どんな国ですかニッポン…。

 

正直心療内科にかかるのは2度目になるのですが、数年前の1度目の時は住んでいる市内の心療内科はどれだけ早くても予約が取れるのが2週間後と言われてしまいました。そこまで待つことが出来る状況ではなかったので当時は隣の市の病院を必死で探して隣の市まで通いました…通院することが大変で通院に気が滅入りそうでした。

 

 これから心療内科を受診したいと考えている方へ。 

 

 現役うつ病患者からこれだけは伝えたいです。

「とにかく早く動いてください、早く電話して下さい。」

 

現代の社会では心療内科や精神科の需要は急増しているはず、恐らくですがどの地域にもそれなりにこれらに該当する病院はあると思います。ただただ、本当にすぐ予約が取れると思わないほうが良いです。 

 

まだ自分は大丈夫、まだ我慢出来る…?お願いです、「しんどい・辛い」を我慢しないで下さい。もちろんしんどいこと、辛いことは日々いっぱいあります。ただ「死にたい」と何度も思うくらい追い詰められているとしたらそれは絶対に絶対に普通ではありません、残念ながらこれを書いているだけの私には「それ」が何かわかりませんが何かがおかしい状況です。

 

病院に行ってしんどいの原因がわかるひと、原因ではなくても何かがわかるひと、何も得られないひと、色んなひとがいて色んな結果があると思います。病院の先生と合わなくて来るんじゃなかったと思うこともあると思います。それでも本当に辛くなる前に、病気になる前に、とにかく動いてください。

最終的に自分を守れるのは自分しかいません。

特に会社は絶対にあなたを守ってなんてくれません。絶対にです。

 

何も聞こえないくらい追い詰められているひともいると思います、難しいかもしれませんが出来るだけ家族や友達の意見に耳を傾けて下さい。愚痴も泣き言も言えるひとがいるならば聞いてもらって下さい。

 

 ストレスの対処方には色々あるけれど

 

私は仕事をガムシャラに頑張ってその仕事のストレスを発散するために土日は毎週のように関東圏に遊びにいっていました。趣味のコスプレをするためだったり、動物園や水族館に行ったり流行りのパンケーキを食べるためだったり、とにかく遊びまくっていました。

 

ただひょんなことからコスプレにも疲れてしまって、今まで新幹線での移動時間ですら楽しくて仕方なかった遠征がある日急に猛烈に苦痛になってしまいました。恐らくそのあたりからなんとか趣味を楽しむことでぎりぎり均衡を保っていた心のバランスが崩れて一気に体調不良になってしまったのかな、と今ではぼんやり思っています。

 

激務だったりストレスがたまる職場だけれど趣味でストレスを発散してる!というひとはたくさんいると思いますが、逃げ道は複数あったほうが良いかもしれません。1つの趣味に打ち込みすぎると何かあった時に自分にかかるダメージがあまりにも大きいです。…大きかったです。

 

ツイッターを見てるとストレスでアプリゲームに課金しまくっているひとやコスプレ衣装を買いまくってるひとなんかを良く見かけます。大丈夫だろうかとこっそりと心配しています。

 

本当にね、声を大にして言いたいです。

ムリはだめ、絶対…!!

 

生きることに対してとてもとても不器用な私でござました、おやすみなさい。